海外進出アドバイザーズ無料メルマガ 購読する(15秒で登録可能)

お客様事例紹介 一覧

Tokyo Parts Industrial(Cambodia)Co.,Ltd Tokyo Parts Industrial(Cambodia)Co.,Ltd

【人材採用支援】
「カンボジア生活情報誌『ニョニュム』66号掲載」
マナーやあいさつは、一緒に仕事を行ううえで基本のルールです。日本人なら当たり前と思ってしまうこともところ変われば当たり前ではなくなってきます。カンボジアに進出した日系企業の多くがまず壁にぶち当たるのが、このビジネスマナーの差異かもしれません。 …続きを読む

  • TOPICS
  • セミナー情報
  • 会社案内
  • スタッフ紹介
  • お問い合わせ&資料請求
  • 個人情報保護方針
カンボジア現地からお問い合わせをしたい方はこちら
  • http://forvalcambodia.com/
  • http://www.forval.co.jp/
  • http://www.kaigaiadvisers.jp/
  • http://www.ess-security.com.kh/
  • http://www.ciesf.org/
> カンボジア進出に成功するための人材採用支援サービス

カンボジア進出に成功するための人材採用支援サービス

中小企業がカンボジアに進出する場合、現地責任者を支える「人材確保」が重要です!!

カンボジア現地採用

事業の拡大や退職による人員確保等、現地で採用を行なうケースもあります。この場合、現地での採用ノウハウと研修が必要になります。
カンボジア現地採用の流れ
採用の各種準備を当社がサポートいたします。
実際に面接を行い、採用を行なっていきます。
必要な研修を実施します。
強く、安定した組織の誕生です。
仕事のやりがいやライフプランの構築を学び、スタッフが充実感を持って働く組織になります。
社員の定着率向上、チームワークの強化、モチベーションアップなど
強い組織がカンボジア現地での操業に不可欠です。海外進出アドバイザーズが人材育成を協力にサポートします。
お客様の事例紹介を見る

お問い合わせ/資料請求

日本国内での事前採用について

日本での生活経験豊かな留学生・社会人の現地幹部候補生を事前採用することで、安定した操業が可能になります。
人材採用から、現地赴任までの流れ
若くて優秀な、カンボジアと日本の両方の文化を理解した、訪日カンボジア人・留学生・社会人
国内採用下の地に、育成・教育を行い、海外赴任というステップを踏んでいきます。
工場長からワーカへ指示を出す場合
カンボジア語で指示するだけでは、意図を正しく理解してもらえません。両国の文化を知る人間が、適切な指示を出す必要があります。
図:日本企業の意図を正しく理解し、カンボジアの人向けに指示しよう!
日本の文化・企業理念を理解している現地幹部の存在が、海外進出成功の鍵となります。

お問い合わせ/資料請求

海外進出企業と撤退企業の相関図

進出企業数以上に撤退数が多いのが海外転嫁木の実態です。進出は1995年がピークで、撤退する企業は2000年~2002年に掛けて増加しています。
グラフ:現地法人の進出状況
グラフ:現地法人の撤退状況

撤退企業の理由

グラフ:海外進出の断念理由(製造業)
グラフ:海外進出の断念理由(卸売業)

お問い合わせ/資料請求

大手と中小企業の海外展開体制の相違点

大手と中小企業では、操業後に大きな違いがあります。

▲ページのトップに戻る

お問い合わせ/資料請求